2018年2月7日水曜日

徳島県大卒程度(学校事務)内定者

TAC 地方上級・国家一般職・総合本科生
Y.M.さん(28歳)
 

合格:徳島県大卒程度(学校事務)・国立大学法人(中国・四国地区事務)・松茂町大学卒業程度(一般事務)
内定:徳島県大卒程度(学校事務)


【TAC徳島校の良かったところ】
1. 面接対策が充実している。
2. 授業がわかりやすい。
3. 自習室が利用できる。


【TAC徳島校を選んだ理由】
公務員試験受験を考えた時、他の塾などにも話を聞きに行きましたが、TACの島野先生が一番信頼できそうだと思ったので、TAC徳島校を選びました。
合格体験記を読んで、自分もここで頑張りたいと思いました。


【面接・集団討論など二次・三次対策】
島野先生との模擬面接のほかにも、一次合格した他の受講生の面接を見せてもらいました。
その中で、質問内容のパターンを知り、他の受講生の返答を見させてもらうことで、とても参考になりました。
家では自分ならどう答えるかを考え、まとめ、声に出して練習していました。


【学習期間や一日の学習時間と、筆記試験対策】
● 入校は前年の10月中旬。最初はDVD授業を視聴し、レジュメの復習、V問を解く、を繰り返していました。
● 6月下旬の試験合格を目標としていたので、4~6月の3カ月間は朝から夜までTACで勉強していました。


【TACでおすすめの勉強方法や教材、効果的な学習法】
DVDを視聴して、それが終わったらもう1度レジュメを読んで内容を復習し、V問を解くことを繰り返しました。
私は家では集中できないタイプなので、TACの自習室で勉強していました。そこでは他の受験生も頑張っていたので、とても集中できました。


【改めて振り返ると、今回の最終合格・内定の決め手】
最後まで諦めずに勉強に取り組んだことと、何度も面接対策をしたことで、緊張しすぎずに、落ち着いて面接に臨めたことだと思います。


【受験動機】
●転職を考えた時、安定して長く働いていける仕事だと思ったから。


【これから受験される方へアドバイス】
試験科目が多いので、少しずつでも毎日勉強することが大切だと思います。
最後まで諦めずに、自分に合った勉強法で長い受験生活を乗り切ってください。


【最後に一言】
TACの授業は分かりやすく、DVD授業の場合は、分からなかったところを再度聞き直すことができ、勉強に役立ちました。
面接対策では、島野先生にお世話になりました。
また他の受験生と一緒に取り組めたことで、より一層がんばれたと思っています。
本当にありがとうございました。

徳島県大卒程度(学校事務)内定者

TAC 地方上級・国家一般職・総合本科生
T.T.さん(31歳)
 

合格:徳島県大卒程度(学校事務)
内定:徳島県大卒程度(学校事務)




【TAC徳島校の良かったところ】
1. フォロー(個人的な相談)がありがたい。アットホームなとこ。
2. 二次・三次試験の情報量。他の受講生が穏やかな人が多いので、気軽に情報交換ができる。
3. 駅近なので便利。




【面接・集団討論など二次・三次対策】
○ 島野先生はもちろん、他の受講生と知り合い、どんどん情報交換はした方が良いと思いました。
○ 面接に関しては、TACの対策で質問された内容をメモにして、答える材料を準備しました。


【改めて振り返ると、今回の最終合格・内定の決め手】
○ 周りに何を言われても継続して努力を続けたことと、良い意味で開き直れたこと。
TACにいたら、スタッフの方々は味方だと思えたので、心強かったです。


【これから受験される方へアドバイス】
○ TACの受付の人や、スタッフの方に顔を知ってもらうと、困った時に色々質問しやすいと思います。そして私自身ホッとします(^^)


【TAC徳島校を選んだ理由】
○ 元々、東京のTACに行っていた。
○ 東京でも都庁の人はTAC出身者が多かったので、必然的に選んだ。
○ 徳島の人からの情報で、TAC徳島校を勧める人が多かった。
○ 独学だと限界があるので、TACで時事問題の対策をしたかった。


【学習期間や一日の学習時間と、筆記試験対策】
○ 平日(仕事をしている日)は、朝30分、勤務後5時間。休日は12時間。
○ とにかく過去問を解く!! V問題集は、最低3回まわしました。


【TACでお勧めの勉強方法や教材、効果的な学習法】
○ DVDは倍速で音声付き視聴できるので、仕事を続ける上で勉強が効率良くできました。
○ 気をつけていたコトは、DVDを視聴したら必ず、問題は「すぐに!!」解くようにしていました。
視聴だけだと、「知った気」になるだけでした。


【受験動機】
○ これまでの職場が官公庁だったのと、社会貢献を公務員としてしたかったから。


【この合格体験記のタイトル】
一次試験の合格後から地獄👹、でも受かったら(内定出したら)天国♡(๑✪ᆺ✪๑)♡


【最後に一言】
3年間、TAC徳島校に通っていたおかげで、島野先生、岸先生のほか、公務員以外のスタッフの方、受付の方に顔を覚えていただき、時には励ましていただき、大変感謝しております。
また資格が必要な際、利用させていただきますのでよろしくお願いします。


 





国立大学法人(鳴門教育大学)内定者

TAC 地方上級・国家一般職・総合本科生
H.M.さん(23歳)
 

合格:国立大学法人(中国・四国地区事務)
内定:国立大学法人(鳴門教育大学)


【TAC徳島校の良かったところ】
1. 面接対策の情報の豊富さ。
2. いつでも復習できるDVD学習。
3. ほぼ年中開いていて、いつでも利用できる。


【面接・集団討論など二次・三次対策】
TAC徳島校の面接対策などには、必ず参加した。知識も増えたし、練習したことは自信につながった。
大学職員はいくつもの大学を受けることができるので、本命以外にも受けることで、雰囲気を知ることができ、慣れることで本番に焦らずのぞめた。


【改めて振り返ると、今回の最終合格・内定の決め手】
面接練習が一番の決め手だったと思います。


【TAC徳島校を選んだ理由】
近くの公務員学校の説明会や相談に行って、TAC徳島校が一番良さそうだったから。


【受験動機】
公務員になりたいと思い、TAC徳島校に相談に来た際に大学職員という職があることを知り、自信もお世話になったことから、この職を目指した。


【これから受験される方へアドバイス】
独学では限界があるので、効率よく上達するために学校は利用していくべきだと思います。


【学習期間や一日の学習時間と、筆記試験対策】
一次が教養試験だけだったので、特に得点源になると思われる数的処理を重点的に勉強した。試験時は、文章理解・英語・数的処理を先にして、落ち着いて時間をかけて解けるようにした。


【TACでおすすめの勉強方法や教材、効果的な学習法】
模試を受けて、まずは自分の得意な科目・不得意な科目を知ってから勉強するとよい。
特に不得意な科目は、それだけ伸びしろがあるということなので、重点的に学修する。


【この合格体験記のタイトル】
ギリギリの合格


【最後に一言】
もう少し勉強や、面接練習していれば、より楽に合格できたかもしれませんでした。
努力した分は必ず返ってくるので、全力で勉強していればよかったです。
ギリギリでしたが合格できて良かった。

鳴門市上級(行政一般事務)内定者

TAC 地方上級・国家一般職・総合本科生
森本 靖大さん(28歳)
 

合格:鳴門市上級(行政一般事務)・松茂町大学卒業程度(一般事務)
内定:鳴門市上級(行政一般事務)


【TACを選んだ理由】
短期集中で合格する自信がなかったが、
「大丈夫」と言いきってくれたところ。


【TAC徳島校の良かったところ】
1. 対策を一緒に考えていただいた。
2. 県内の受験状況等、いろいろな情報を教えていただいた。


【今回の最終合格・内定の決め手】
情報収集し、対策を立て、最後まで諦めずに取り組んだところ。


【この合格体験記のタイトル】
短期集中受験


【学習期間や一日の学習時間と、筆記試験対策】
学習期間:4ヶ月間
学習時間:10時間前後/日
筆記対策:得意科目の重点強化。試験開始直前まで覚えるなど、最後まで諦めない。


【TACでおすすめの勉強方法や教材、効果的な学習法】
覚えることが多いため、inputとoutputの繰り返しを徹底する。
新聞やニュースなど周りの情報とつなげていくことや、家族に教えるなど工夫していけば、知識が定着してくる。


【面接・集団討論など二次・三次対策】
一次試験の時から、政治経済の関連ニュースや受験先のHPをチェックし、自分の考えを持つことを意識づけました。面接や討論で直前の対策は時間が限られてくるため、普段からそういった習慣をつけておくと臨みやすいと思います。


【受験動機】
行政職を通じて地方創生に貢献したいと思ったから。


【これから受験される方へアドバイス】
ベストを尽くしてください。


【最後に一言】
本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

徳島県大卒程度(学校事務)内定者

TAC 地方上級・国家一般職・総合本科生
T.N.さん(30歳)
 

合格:徳島県大卒程度(学校事務)・美馬市大卒程度(行政事務)・阿波市上級(行政)・観音寺市大学卒業程度(一般事務)
内定:徳島県大卒程度(学校事務)


【TAC徳島校の良かったところ】
1. 島野先生から学習や面接について、的確なアドバイスをいただけるところ。
2. 授業がとてもわかりやすい。
3. 自習室がある。


【面接・集団討論など二次・三次対策】
TACの模擬面接に参加することが、何よりの対策になります。
模擬面接で島野先生から的確なアドバイスをいただき、内定に近づくことができます。
また、私は自己練習として、カラオケボックスで自己練習をしていることろを動画撮影していました。カラオケボックスで気兼ねなく大声で自己練習し、そのさまを動画で見ることによって、客観的に自分が面接しているさまを見ることができ、自分の問題点を修正することができます。


【改めて振り返ると、今回の最終合格・内定の決め手】
苦手な面接を徹底的に練習して、自信を持って本番に臨めたことが内定の決め手だったと思います。


【TAC徳島校を選んだ理由】
最初にTAC徳島校に伺った際に、島野先生から熱心に説明していただき、TACに通いたいと思ったからです。


【学習期間や一日の学習時間と、筆記試験対策】
学習期間は約4か月ほどで、一日8~10時間勉強していました。
私の筆記試験対策は、とにかく幅広く勉強することです。徳島県(学校事務)の場合、専門試験の配点が高いので、教養試験の科目はほとんど捨て、専門試験の科目を幅広く勉強しました。


【TACでおすすめの勉強法や教材、効果的な学習法】
幅広く勉強し、点が取れる科目を増やしていくことが大事だと思います。どうしてもわからないV問題集の問題は捨て、問題の数をこなしていけば、解ける問題が増えていきます。


【受験動機】
以前より学校現場で働きたいと思っていました。そこで学校に関する仕事を調べたところ、学校事務という仕事があることを知り、自分の志向にあっていると思い、受験しました。


【この合格体験記のタイトル】
頑張って合格!


【これから受験される方へアドバイス】
公務員試験は長期戦になるので苦しい時もありますが、自分が公務員として働く姿を想像すれば、やる気が出てくると思います。最後まで気持ちを切らさずに頑張ることが大事です。


【最後に一言】
公務員になりたいと思ったものの、どう勉強したらいいかわからないというところからのスタートでしたが、TAC徳島校に通い、島野先生からアドバイスをいただきながら頑張った結果、内定をいただくことができました。
島野先生をはじめ、TAC徳島校のスタッフの皆様、本当にありがとうございました。





阿南市上級(行政事務)内定者


TAC 地方上級・国家一般職・総合本科生
K.G.さん(23歳)
 

合格:阿南市上級(行政事務)
内定:阿南市上級(行政事務)






【TAC徳島校の良かったところ】
1. 面接対策がしっかりしている。
2. 模擬テストが受けられる。
3. 教材が、多くある。


【面接・集団討論など二次・三次対策】
面接は、TAC徳島校で教えてくれるのでその通りにすればいいと思います。
一つの質問に30秒くらいの返しを考えておくといいと思います。


【TAC徳島校を選んだ理由】
インターネットで調べて、評価が良かったから。


【学習期間や一日の学習時間と、筆記試験対策】
私は都合でTACに通ったことはほとんどありません。TACでもらったVテキストと問題集をしていました。
一日の学習時間を決めたことはなく、できる時に勉強しようというスタンスでいました。


【TACでおすすめの勉強方法や教材、効果的な学習法】
私はVテキストを読み、そして問題集を解く、この繰り返しをしていました。
ある程度の知識がついてきたら、徳島新聞を読むのもいいのではないかと思います。


【受験動機】
去年は、独学で勉強をしていて、大学を卒業してからTACに入学しました。
去年あと少しで合格できると思ったので、今年も受験しようと思いました。


【この合格体験記のタイトル】
粘りの合格
去年の阿南市職員の面接で落ちてしまい、今年なら合格できると思い、公務員試験に取り組みました。


【改めて振り返ると、今回の最終合格・内定の決め手】
最後まで、あきらめずに勉強を続けたこと。


【これから受験される方へアドバイス】
私は現役で合格できませんでしたが、現役で合格を目指して頑張ってください。


【最後に一言】


60点を目指して、60点を取っても合格は厳しいかなと思います。
65点は、必要になるのではないかと思います。

小松島市上級(行政事務)内定者

TAC 地方上級・国家一般職・総合本科生
N.T.さん(29歳)
 

合格:小松島市上級(行政事務)
内定:小松島市上級(行政事務)


【これから受験される方へアドバイス】
これを見ている方はどの予備校に通うか悩んでいるかと思いますが、その時間が惜しいです。
今すぐTAC徳島校に来て勉強を始めてください。
合格するためのメソッドがTACには有ります。


【改めて振り返ると、今回の最終合格・内定の決め手】
島野先生の模擬面接。
面接には苦手意識を持っていたが、自信を持って本番に挑むことができた。


【TACでおすすめの勉強方法や教材、効果的な学習法】
TACのレジュメやV問等、TACの教材のみを信じて勉強した。これらを繰り返し復習することが大事。


【TAC徳島校を選んだ理由】
一次対策から二次対策まで、抜かりなく行えると思ったから。


【TAC徳島校の良かったところ】
1. DVD等を利用すると苦手な分野の講義を繰り返し視聴できる。
2. 二次対策も充実している。書店で市販の参考書を探す必要はない。
3. 自習室もあり、勉強するための環境が整っている。


【面接・集団討論など二次・三次対策】
面接は島野先生の模擬面接を受け、注意された点を修正し、本番に挑んだ。
私は一次の結果が出てから二次対策を始めたが、一次が終わったらすぐに二次対策を始めておけば良かったと思った。
二次を軽視してはいけない。


【受験動機】
地元で安定した職に就きたいと思ったから


【この合格体験記のタイトル】
29歳の挑戦


【最後に一言】
20代最後の挑戦でなんとかチャンスをモノにしました。
TAC徳島校を選んで良かったと、心から思っています。
島野先生をはじめ、TACのスタッフの皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。